読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

ペンタックスK-70とニコンD-5500を比べてみました。

PENTAX-K70 NIKON D5500 カメラ関係

【スポンサーリンク】

こんにちは、wataruです。ニコンのD5500を安くてに入れたので、K-70と比べてみました、どちらも一眼レフカメラの入門機ですが、価格的にはニコンの方が少しやすいです。

結論から先にいうと、どちらも私レベルの初心者には、写りに関しては十分満足するものです、違いは操作性や重量しか変わらない気がしました。どちらを選んでも間違いないと感じます。

f:id:ohara-1130:20170117104735j:plain

 

一番の違いは防滴、防塵ボディーかどうか

K-70は防滴、防塵使用でアウトドアでの使用を全面に打ち出していることもあり、作りはしっかりとしています。実際にはそこまで天候の悪い日にカメラを使うことがなければさほど重要ではないかもしれませんが、突然の雨などにも安心できます。

残念ながらD5000は、防滴、防塵使用ではありません。

その分軽い

D5500はとても軽くボディーは420グラムバッテリーを入れても450グラムです。X-70が688グラムですからかなりの違いです。断然取り回しは楽です。

手ぶれ補正の問題

ペンタックスは基本どの機種もカメラ本体に手ぶれ補正機構を備えていますがニコンはレンズに手ぶれ補正機構が備えられています。感覚的にはややK-70の方がブレに強いように感じます。

フォーカス性能

ニコンのフォーカスの方が断然早く正確です、比べなければ解りませんでしたが比べると違いがはっきりと解ります。特に動くもので違いが解ります、動かない被写体ではほぼ同じようです。

ファインダー

これはK-70の方が勝っていると感じます、マニュアルフォーカスの際、ピントの山がとてもとらえやすく、視野率も100%と、とても見やすいです。

操作性

K-70の方が操作性は良さそうです、まだD5500は、購入したばかりで、なれていない事もあり、そう感じるだけかもしれませんが、説明書をよく読まないと解らないのですがK-70は読まなくても直感的に使うことが出来ました。また、撮影可能枚数が大きく違います、D5500は800枚以上に対し410枚と2倍近く違います。

液晶モニター

D-5500はタッチセンサーになっているのでとても便利です、特に再生時や、設定時にとても便利です。しかし細かいことかもしれませんが、水平機は装備してほしかったです。

どちらも満足できるカメラです。

おそらくどんなカメラを購入しても最新のものであれば満足できると思いますが、性能の差を感じるほどの腕と、画質や色合いを見分ける目がない私にはどちらもすばらしいカメラだと思います、あえていうなら、運動会やペットなど動きのあるものを撮る機会が多ければD5500が良いのではないでしょうか、風景や構造物をじっくり撮るならリアル・レゾリューション・システムのあるK-70が良いのではないでしょうか。

まとめ

わたしは、カメラの性能よりレンズの性能の方が写真を見たときの印象が大きく変わると思います。ペンタックスにシグマのレンズをつけて撮影したときシャープに撮れることに驚きました、望遠端で撮影して拡大してみるとよくわかります。

カメラの性能よりもレンズの性能・写りの色や、シャープさ、ぼけ味など自分好みを見つけるのが良いのではないでしょうか。

ちなみにD5500にもシグマ18-250を装着しました。