読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

検索されないキーワード選定は私の常識

ブログ1年生のメモ帳

【スポンサーリンク】

こんにちは、wataruです。この記事はサブブログからの移動してきた記事です。

 サブブログで収益を考えてページ作りをしていこうと思ったのですが1週間で挫折することにしました^^;理由、楽しくないからw

なのでこのブログの中で話題の一つとして書いていこうと思います。

私のブログはこれまであまり検索を意識してタイトルにキーワードを入れるなどしてきませんでした。

しかし検索されない記事は全く収益を上げることのない記事でこれからは、意識して書く記事と今まで通りの検索されないキーワード選定の雑記とを混在させていきます。

 

キーワード選び

f:id:ohara-1130:20170112095515j:plain

よく言われるのがキーワード選びです、例えば良く検索されているキーワードはライバルも多くなかなか上位に自分の記事が上がるのは、容易ではないでしょう。

また逆もしかりで、検索されないキーワードで記事を書いても誰も見てくれません。

私のメインブログは記事数が250記事以上ありますが検索されているのは10%ほどで残りは全く検索されていません!

悩み系、痛み系で記事を書く

アフリエイトの記事を見てみると、キーワードは悩み系や痛み系が良いとあります。

確かにそのような記事は検索されやすくアドセンス単価も高いので上位表示されれば、稼げるキーワードとなります。

実際に書けるか

私は、「知識がないので腰痛の治し方、これで決まり」とタイトルを付けて記事を書いても自信がありません、腰痛の経験もありませんし、書くには検索して誰かの記事をまねるなどしなければ書くことは、できません。

そうなると調べて理解し自分の言葉で伝えるなど、とても大変で何記事も投稿続けるのは出来ないでしょう。

実際にどのような記事を書けばいいのか

自分の興味や勉強してきたことで人様にお伝えできるほど知識も豊富ではないですし、理解もしていません。

そこである程度いろいろなジャンルのタイトルでブログを構成するという手法を、私はとる事に決めました。

ジャンルを決めない

f:id:ohara-1130:20170111121750j:plain

ブログ運営を中心に、社会、経済、芸能、スポーツ、ネイチャーなど目についたことで私自身が興味を持ったことを記事にしていこうと考えています。

しかしそれでは、「今」を逃す可能性がとても高くなります

ひな祭りの記事を今書いても、インデックスされるのが3か月後では、意味がありません、しかし来年のひな祭りまでにはブログも力をつけ検索されるかもしれません。

記事を書いてからGooglにインデックスされるまでの時間がかかることを踏まえ記事を書くことが大事です。

タイトルを工夫する

この記事のタイトルはキーワード選定についての私の考えを述べている記事です。普通に考えれば「キーワード選定」で検索するととてつもない件数がヒットし、まず上位に表示されることはあり得ません、それでも少しでも目を引くようにしたり、ほかのワードで詮索されるかもしてないようにいくつかのワードを取り入れた複合キーワードにするなど試行錯誤してみます。

商品名が入ると検索されやすい

f:id:ohara-1130:20170121091455p:plain

例えば「FUJIFILM-X100F最新情報発売日に手に入れました!」など私のブログでもそうですがニッチな商品でも商品名を入れることで検索されることが多くあります。

そこで、なるべくコンビニで購入したものやアマゾンで購入したものは商品名をタイトルに入れ積極的にレビュー記事を書いていくことで検索されやすくします。

一つのブログで多くを望まない

一つのブログで専門的な特化ブログはブログパワーも大きく将来的に見ても資産となる確率が高くなります。

しかし私のブログは10万円も稼ぐのではなく1ブログ1万円を3ブログ作ることを目標にして書くことの楽しみをあくまでもメインとしていくのが目標です。

そのためある程度の柱(このブログの場合ブログ運営)ですが、そのたも記事もどんどん書くつもりです。

まとめ

アクセスを集めるためにはタイトルが大事ですが、タイトルばかりにこだわるより好きな記事を多く書くことでもアクセスは集められます。その中で収益を上げ楽しみながらブログ運営を行い、少しでも役立つ情報を発信することが大事です。