読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame-la de-blog

カメラ初心者の私がFUJIFILM X70の購入を機に風景や自然を撮影しています!

Googlが好む記事の書き方について考える(SEO)

雑記 ブログ1年生のメモ帳

【スポンサーリンク】

こんにちは、wataruです。最近ブログのアクセスがほぼ横ばいになっているのでもう少し検索からの流入を意識した文章を書くようにしようと調べてみました。

 

検索順位をアップさせる文章とは?

先日もグーグルのアルゴリズムの変更があったらしくブログでもそのことに触れている記事を目にしました。しかし基本的にはグーグルの好む文章は、読む人の役に立つ記事かどうかが最大のポイントで、そのたファクターとして、滞在時間・直帰率が順位付けに影響していると言われています。ここではその対策をまとめています。

f:id:ohara-1130:20170202104829j:plain

 

具体的には

見やすい事、意外と忘れがちですが見づらいページは訪問者が直感的にページを閉じる確率も高くなるそうです。そして読みやすい文章であること、俗に言う小学生でも読める文章を心掛けると言われています。

写真や図形を使う事、これも大事なことで文章だけでは、どうしても読み進めにくく、途中に目を休めるためにも写真などを使うと滞在時間にも影響が出ます。

句読点や段落を読みやすいように使うこと。長い文章はどうしても読みにくくなります、適度に句読点や段落を使い文章にメリハリをつけることも大事です。

今までの重視されていたSEOと今は少し変わった。

サイトのボリューム・サイトの更新頻度・サイトの運営年数などが重要視されていましたが、最近ではより内容を重視する傾向にあります。サイトのボリュームも内容がしっかりしていて、訪問者に役立つ情報かが大事です。

直帰率を下げるために

関連記事をリンクさせることも直帰率を下げることに役立ちます、しかし魅力のないページではいくら関連記事を載せても直帰率は減らないと思います。

やはり大事なのはサイトの内容で、検索から流入した方の期待に応えられる情報がそこにあれば、必然的にほかのページにも興味を示し直帰率は減ると考えます。

Googlはこんなところまで見ている

SNSつまりTwitterやfacebookなどのぼたんでどれだけツィートやいいねをされたかも考慮に入れています。私のこのサイトも2日間のデーターですがTwitterからの流入が16%もありました。サイトが育つまでは特にソーシャルネットワークからの流入にも気を配るべきです。

f:id:ohara-1130:20170220085945p:plain

出だしの3行ですべては決まる?

せっかく訪問してくださった方も最初の3行で見るのをやめるか、読み進めるかが決まります。出だしの3行にここには、どんな情報があるのかを要約して書くことが大事です。画像も載せることをお勧めします。画像の内容は必ずしも本文と関係なくても良さそうです。人間は、文章より画像の方がイメージを付けやすいからです。

まとめ

読み手のことを考え読みやすく分かりやすい構文を心掛け直帰率を下げたいじゃい時間を上げるためにも書き出しの3行はとても重要です。要点と結論を書いたら見出しで区切りながら詳しく書いていきましょう。

調べて、わかっても、その通りには書けないものですね、かえって不自然になったり伝えたいことが伝えられなくなってしまいそうです。